アクセスランキング

01位
Rプログラミング本格入門―達人データサイエンティストへの道― 
02位
統計的自然言語処理の基礎
03位
カメムシの母が子に伝える共生細菌―必須相利共生の多様性と進化― 
04位
速習 強化学習―基礎理論とアルゴリズム― 
05位
グラフ理論とフレームワークの幾何
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • 教科書献本のご案内
  • facebook
  • 構造計画研究所

サイバーセキュリティ入門―私たちを取り巻く光と闇― 

書籍情報
シリーズ名共立スマートセレクション 【7】巻
ISBN978-4-320-00906-6
判型B6 
ページ数240ページ
発行年月2016年02月
本体価格1,600円
サイバーセキュリティ入門 書影
サイバーセキュリティ入門

本書では,サイバーセキュリティを学ぶ上で必要な基礎的な知識を,高校生や大学一,二年生でもわかるように丁寧に説明している。1章では,インターネットの仕組みについて,基礎から応用まで実例や図を用いて解説する。電話網とコンピュータネットワークとの類似性や違いやWEBシステムやメールシステムがどのように動いているか,といったことを丁寧に紹介する。2章では,インターネット上を流れる情報やコンピュータに保存されたデータの安全を守るために用いられている暗号について取り上げる。近代的な暗号で用いられている整数論やプロトコル,公開鍵暗号などの知識や概念を,多くの例を用いて解説する。本章によりコンピュータの進化とともに大きく変化する暗号の強度の考え方を理解できるだろう。3章では,インターネット上で安全かつ信頼性の高いデータ交換をする技術を紹介する。電子認証やその暗号化技術,プロトコルの実装法などについて,実例を用いて解説する。4章では,マルウェア,DoS攻撃,標的型攻撃,SQLインジェクションなどのサイバー攻撃について,多くの実例とその原理を解説し,それらを防ぐための基礎的な知識が得られる。最近社会を大きく騒がせた遠隔操作ウイルス事件についても,その手口や原理を詳しく解説している。5章では,ハードウェアの入出力や漏洩情報を利用した暗号解読手法,サイドチャネル攻撃などが詳しく説明されている。6章では,インターネットをより安全に利用できるようにするための活動,組織,法律など,技術以外の要素でセキュリティ技術者が知っておくべきことが紹介されている。

目次

1章 インターネットの仕組み
1.1 電話とインターネット
1.2 プロトコル
1.3 OSI参照モデルと階層化
1.4 第1層(物理層)
1.5 第2層(データリンク層)
1.6 第3層(ネットワーク層)
1.7 第4層(トランスポート層)
1.8 第7層(アプリケーション層)
1.9 DNS(ドメイン名とIPアドレス)
1.10 HTTP(ホームページとブラウザ)
1.11 SMTP(電子メール)
1.12 POP とIMAP(郵便局と郵便ポスト)

2章 暗号の世界へ飛び込もう
2.1 コンピュータにおける3つの脅威
2.2 情報セキュリティ3大要素CIA
2.3 古代暗号を見てみよう
2.4 共通鍵暗号
2.5 暗号モード
2.6 優れたアイデアDH鍵共有
2.7 mod の世界へようこそ
2.8 公開鍵暗号
2.9 楕円曲線暗号
2.10 暗号危殆化を知ろう

3章インターネットとセキュリティ
3.1 トンネリング
3.2 電子署名を知ろう
3.3 公開鍵認証基盤(PKI)
3.4 インターネットとPKIの関わり
3.5 SSL
3.6 電子証明書を見てみよう
3.7 私たちの生活とPKI

4章インターネットにおけるサイバー攻撃
4.1 解析ツールを使ってみよう
4.2 マルウェア
4.3 DDoS を知ろう
4.4 アンプ(増幅)攻撃
4.5 フラッディング攻撃
4.6 なりすまし
4.7 標的型攻撃の脅威
4.8 ドライブバイダウンロード
4.9 ソフトウェアアップデート機能の悪用
4.10 クロスサイトスクリプティング(XSS)
4.11 SQLインジェクション
4.12 WAFを知ろう
4.13 セッションID とクッキーの関係
4.14 セッションハイジャック
4.15 DNS キャッシュポイズニング
4.16 クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)
4.17 匿名化とTor
4.18 ゼロデイ脅威に気づこう
4.19 トラヒックと可視化

5章 ハードウェアとソフトウェア
5.1 暗号ハードウェア
5.2 サイドチャネル攻撃を知ろう

6章 私たちを取り巻くセキュリティ
6.1 脆弱性に関わる情報源
6.2 情報セキュリティと法律を見てみよう
6.3 セキュリティ人材育成の取り組み

サイバーセキュリティへの確かな道標に寄せて(コーディネーター井上克郎)

索 引