• ニュースメール
  • アフターサービス
  • 教科書献本のご案内
  • facebook
  • 構造計画研究所

生物多様性の多様性

書籍情報
シリーズ名共立スマートセレクション 【23】巻
ISBN978-4-320-00922-6
判型B6 
ページ数220ページ
発売予定2018年01月26日
本体価格1,800円
生物多様性の多様性 書影
生物多様性の多様性

新刊

 生物多様性という言葉を聞く機会が増えてきた。「生物多様性の危機」が叫ばれる今,市民や企業,科学者や研究機関,行政,さらには国際機関に至るまで,さまざまな場面で生物多様性を保全し,将来へ残そうとする試みが見受けられる。それでは,生物多様性とは何だろうか?いったい何を守ろうとしているのだろうか?生物多様性を保全することの意味や意義は?本書は,これらの問いに答えることを目的としている。
 生物多様性の評価方法,保全の意義などは一義的に定義できるものではない。自然からの目線,社会からの目線を踏まえつつ,多様に評価でき,多様な意味を持つ「生物多様性」について,本書では幅広く解説する。

目次

1 はじめに―生物多様性について考え始める

2 生物多様性の多様性
  2.1 生物多様性とは?
  2.2 生態系とは?
  2.3 種とは?
  2.4 種内変異とは?
  2.5 生物多様性の定量化

3 生物多様性を形作する―偶然性と必然性が織りなす
  3.1 生物群集とは?
  3.2 生物群集の形成プロセス

4 生物多様性の果たす役割―人類の福利と関わる
  4.1 生物多様性と生態系サービス
  4.2 生物多様性と生態系機能
  4.3 明らかになってきたこと,不確かなこと

5 おわりに―生物多様性をめぐって

引用文献

あとがき

生態学から生物多様性を把握する(コーディネーター甲山隆司)

索引