復刻版近世数学史談・数学雑談

書籍情報
シリーズ名復刊・復刻・新装版 復刻版 
ISBN978-4-320-01551-7
判型B6 
ページ数486ページ
発行年月1996年12月
本体価格2,800円
復刻版近世数学史談・数学雑談 書影
復刻版近世数学史談・数学雑談

わが国数学界の第一人者であった故高木貞治博士が,近世における数学発展の歴史を現代に再現した『近世数学史談』および,当時の数学の諸問題を興味深く語った『数学雑談』。本書は,日本の数学界の遺産として次世代へ残したいその名著2冊を合本した待望の復刻版。

目次

1.正十七角形のセンセーション

2.近世数学の発端

3.ガウス略歴

4.研究と発表

5.ガウス文書

6.レムニスケート函数の発見

7.レムニスケート函数の発見

8.数字計算とガウス

9.書かれなかった楕円函数論

10.パリ工芸学校

11.三つのL

12.工芸学校の数学者

13.コーシーの教程及び綱要

14.函数論縁起

15.パリからベルリンへ

16.天才の失敗と成功

17.ベルリン留学生

18.パリ便り

19.アーベル対ヤコービ

20.初発の楕円函数論

21.ガロアの遺言

22.ヂリクレ小伝

23.三人の幾何学者