アクセスランキング

01位
Rプログラミング本格入門―達人データサイエンティストへの道― 
02位
統計的自然言語処理の基礎
03位
カメムシの母が子に伝える共生細菌―必須相利共生の多様性と進化― 
04位
速習 強化学習―基礎理論とアルゴリズム― 
05位
グラフ理論とフレームワークの幾何
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • 教科書献本のご案内
  • facebook
  • 構造計画研究所

平面代数曲線

書籍情報
シリーズ名数学のかんどころ 【12】巻
ISBN978-4-320-01992-8
判型A5 
ページ数216ページ
発行年月2012年06月
本体価格1,700円
平面代数曲線 書影
平面代数曲線

本シリーズは,数学の急所と思われる部分,理解に困難を感じると思われる部分,また数学全体の理解に役立つと思われる部分を要点ごとにコンパクトにまとめたシリーズである。
第12巻の本書は,平面代数曲線の平易な入門書である。代数曲線はとても魅力的な研究テーマで,古代ギリシャ時代から現在に至るまでの長い時間をかけて研究されてきた。本書では,著者の長年の講義経験をもとに,この大きなテーマから選りすぐられたポイントをわかりやすくまとめている。

目次

第1章 歴史的曲線
  1.1 17世紀
  1.2 18世紀
  1.3 19世紀
  1.4 20世紀
  1.5 発展:実3次曲線

第2章 多項式
  2.1 多項式の論理
  2.2 2変数多項式
  2.3 多変数多項式
  2.4 発展:根の個数
  2.5 発展:リューローの定理

第3章 アフィン曲線
  3.1 アフィン曲線
  3.2 アフィン幾何
  3.3 特異点,接線,変曲点
  3.4 発展:レムニスケート曲線再訪

第4章 終結式
  4.1 終結式
  4.2 多変数の場合
  4.3 応用
  4.4 発展:多項式イデアル
  4.5 発展:部分終結式

第5章 射影曲線
  5.1 射影曲線
  5.2 射影変換
  5.3 特異点
  5.4 ベズーの定理
  5.5 特異点と変曲点の個数
  5.6 発展:因子

第6章 射影幾何
  6.1 双対射影平面
  6.2 複比
  6.3 直線束の複比
  6.4 射影2次曲線
  6.5 射影3次曲線
  6.6 発展:双有理幾何

第7章 局所解析
  7.1 局所パラメータ表示
  7.2 交点数の局所的定義
  7.3 ブローイングアップ
  7.4 重複度列系
  7.5 発展:2次変換