TRON概論

この書籍は現在お取り扱いできません。

書籍情報
ISBN978-4-320-02409-0
判型A5 
ページ数168ページ
発行年月1988年06月
本体価格1,800円
TRON概論 書影
TRON概論

 本書は,1987年の IEEE MICRO誌のTRON特集の完訳増補版である。プロジェクト全体の概論,I,B,C の各TRONや TRONチップの概論よりなっている。
 TRONプロジェクトにおいては,プロジェクトの背景,その必要性,アーキテクチャのシリーズ化とレイヤの概念などすべてのTRONに共通の設計アプローチについて述べている。ITRONでは,その特長,タスクの状態,システムコントロールなどについて解説している。BTRONについては,その設計目標,アプローチについて述べ,実身/仮身モデルやTADなどの技術的特徴について述べている。また, CTRONについては,その設計概念,設計方針などについて述べ,設計において考慮された各種モデルについて解説している。さらに,TRON チップについては,そのインストラクション・セット,アドレッシング・メカニズムについての解説,さらに他の32ビット MPUとの比較などについてのべている。
このように,本書はTRONプロジェクトの技術的概要を簡潔に知るための最適の書となっている。また,製品レベルでの開発が行われているTRONについては,それぞれの製品についての解説も載せてあり,各TRONについてのより具体的なことを学ぶ前の入門書としても適している。

目次

0. Looking into the future with TRON

0. はじめに

1. TRON プロジェクト
  1.1 はじめに
  1.2 TRON へのアプローチ
  1.3 シリーズの概要と TRON により達成されること
  1.4 おわりに

2. TRON チップのアーキテクチャ
  2.1 はじめに
  2.2 アーキテクチャ構築の戦略
  2.3 おわりに
  TRONプロジェクトにおける日立/富士通共同開発のVLSI CPU
  TRONプロジェクトにおける松下電器のVLSI CPU
  TRONプロジェクトにおける沖電気のVLSI CPU
  TRONプロジェクトにおける東芝のVLSI CPU
  GM I C R O

3. CTRONカーネルの構成
  3.1 はじめに
  3.2 CTRONカーネルの設計概念
  3.3 CTRONカーネルのモデル
  3.4 サブセット規定
  3.5 CTRONカーネルによる効果
  3.6 まとめ

4. ITRON ―工業制御指向リアルタイムOS
  4.1 はじめに
  4.2 設計思想
  4.3 ITRON 仕様の概要
  4.4 チップ核の主な機能
  4.5 ITRON アーキテクチャの発展
  4.6 おわりに
  ● ITRON仕様に基づいた商品製品

5. BTRON
  5.1 はじめに
  5.2 BTRONの特長
  5.3 BTRONの構成
  5.4 おわりに
  ●インプリメント事例

関連商品

TRONを創る

  • ISBN:978-4-320-02366-6
  • 判型/ページ数:A5 / 232ページ
  • 発行年月:1987年06月
  • 本体価格:1,800円

 TRON とは"The Realtime Operating System Nucleus"(実時間処理に適したオペレーティング・システムの核) の略である。しかし,TRON プロジェクトは単にOS・・・

TRONを創る 書影
TRONを創る