アクセスランキング

01位
Rプログラミング本格入門―達人データサイエンティストへの道― 
02位
統計的自然言語処理の基礎
03位
カメムシの母が子に伝える共生細菌―必須相利共生の多様性と進化― 
04位
速習 強化学習―基礎理論とアルゴリズム― 
05位
グラフ理論とフレームワークの幾何
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • 教科書献本のご案内
  • facebook
  • 構造計画研究所

反強磁性体―応用への展開― 

書籍情報
シリーズ名マグネティクス・ライブラリー 【3】巻
ISBN978-4-320-03470-9
判型A5 
ページ数344ページ
発行年月2014年07月
本体価格5,000円
反強磁性体 書影
反強磁性体

反強磁性体の重要性がスピントロにクスの分野で認識され,磁性材料としての反強磁性体が多くの分野で脚光を浴びるようになってきた。本書には反強磁性を示す3d遷移金属および4f希土類金属,およびそれらの元素で構成される典型的な合金および化合物,ニクタイド,ナイトライド,シリサイド,カルコゲナイド,ハライド,スピネル酸化物,ペロブスカイトなどが収められている。これら反強磁性体のバルク,薄膜,多層膜,人工格子,クラスターのスピン構造,磁気変態と結晶構造変化,メタ磁性転移,磁気エントロピー,磁歪,ヤーン・テラー効果,スピンカイラリティ,スキルミオン格子,フラストレーションとネール温度,熱電特性,ハーフメタル特性,電気的性質,反強磁性と超伝導の共存などが応用への展開を念頭に議論されている。

目次

第1章 反強磁性の概要,スピン構造,磁気転移温度

第2章 Cr金属および希薄合金の反強磁性

第3章 Crの薄膜,多層膜,微粒子,クラスターの磁性

第4章 Mn金属・合金,薄膜,クラスターの反強磁性

第5章 規則および不規則Mn合金の反強磁性

第6章 Fe金属,薄膜,クラスターの反強磁性

第7章 Fe化合物・合金の反強磁性

第8章 希土類金属,合金,人工格子の反強磁性

第9章 希土類金属系化合物の反強磁性,磁性超伝導,ランダム磁気異方性

第10章 3d遷移金属ニクタイド系の反強磁性

第11章 3d遷移金属ナイトライドの反強磁性

第12章 3d遷移金属シリサイド系化合物の反強磁性

第13章 ホイスラー合金の反強磁性とハーフメタル特性

第14章 カルコゲナイドおよびハライドの反強磁性

第15章 AmBn型酸化物の反強磁性

第16章 ペロブスカイト型化合物の反強磁性

第17章 フラストレーション系化合物の反強磁性