独習独解物理で使う数学―完全版― 

書籍情報
ISBN978-4-320-03482-2
判型A5
ページ数576ページ
発行年月2012年10月
本体価格5,500円
独習独解物理で使う数学 書影
独習独解物理で使う数学

 数学的手法は物理科学者のための不可欠なツールである。本書はこの領域の学生に必要とされる数学的知識と技術を懇切丁寧に解説したものである。数学の基本である座標系の話から,フーリエ級数,グリーン関数まで,本書が解く範囲は広い。大学生・院生の参考書として最適である。
[原著:Roel Snieder: A Guided Tour of Mathematical Methods for the Physical Sciences 2nd edition, Cambridge Unversity Press, 2009]

目次

第1章 序章

第2章 次元解析

第3章 冪級数

第4章 球面座標と柱面座標

第5章 勾配

第6章 ベクトル場の発散

第7章 ベクトル場の回転

第8章 ガウスの定理

第9章 ストークスの定理

第10章 ラプラシアン

第11章 保存側

第12章 スケール解析

第13章 線形代数

第14章 ディラックのデルタ関数

第15章 フーリエ解析

第16章 解析関数

第17章 複素積分

第18章 グリーン関数:一般原理

第19章 グリーン関数:応用

第20章 正規モード

第21章 ポテンシャル理論

第22章 直交座標系のベクトルとテンソル

第23章 摂動論

第24章 積分の漸近解

第25章 変分法

第26章 終章-知恵と力と-