アクセスランキング

01位
Rプログラミング本格入門―達人データサイエンティストへの道― 
02位
統計的自然言語処理の基礎
03位
カメムシの母が子に伝える共生細菌―必須相利共生の多様性と進化― 
04位
速習 強化学習―基礎理論とアルゴリズム― 
05位
グラフ理論とフレームワークの幾何
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • 教科書献本のご案内
  • facebook
  • 構造計画研究所

Q&A放射線物理 改訂2版

書籍情報
ISBN978-4-320-03592-8
判型A5 
ページ数312ページ
発行年月2015年02月
本体価格3,900円
Q&A放射線物理 書影
Q&A放射線物理

著者の日本原子力研究開発機構での豊富な体験,および大学での講義経験をもとにまとめた放射線物理学の入門書。物理系の学生や研究者,技術者だけを対象にしたものではなく,物理系以外の人々にも十分理解できるよう配慮したもので,説明は,すべて質疑応答形式に従って展開し,高度な数式は極力使用せず,簡単な数式の誘導も丁寧に行い,数式の持っている物理学的意味も平易に解説した。福島の原発事故以後,放射線,放射能に関する事情が変化したため,それぞれの数値等を見直し全面改訂。

目次

0章 そこが知りたかった「放射線」と「放射能」

1章 原子や原子核の構造は,どうなっているのだろう?

2章 放射線とは何だろう?

3章 核反応とは何だろう?

4章 放射線が物質に当たると,どうなるのだろう?

5章 放射線の強さや量とは何だろう?

6章 放射線は,どのようにして測るのだろう?

7章 放射線源には,どんなものがあるのだろう?