アクセスランキング

01位
Rプログラミング本格入門―達人データサイエンティストへの道― 
02位
統計的自然言語処理の基礎
03位
カメムシの母が子に伝える共生細菌―必須相利共生の多様性と進化― 
04位
速習 強化学習―基礎理論とアルゴリズム― 
05位
グラフ理論とフレームワークの幾何
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • 教科書献本のご案内
  • facebook
  • 構造計画研究所

講義と演習 理工系基礎力学

書籍情報
ISBN978-4-320-03602-4
判型B5 
ページ数176ページ
発売予定2017年12月26日
本体価格2,000円
講義と演習 理工系基礎力学 書影
講義と演習 理工系基礎力学

新刊

 理工系大学で,はじめて「力学」を学ぼうとする学生を対象とした教科書である。
 高校物理や数学の履修状況に配慮しながら、4分野「力と運動」「エネルギーと運動量」「振動と円運動」「剛体の力学」を,年間30回の講義で学ぶことを意識した。第1の分野は「力と運動の表し方」と「運動の法則」に分けて,「三角比」「ベクトル」「微分・積分」等の数学的事項を随所に入れた。その一方で,変数分離形の微分方程式や減衰運動,ベクトル積と角運動量など,高校物理では扱ってこなかった事項も充実させた。本書は良質の演習問題を多数取り入れ,わかりやすい解答も付けた。問題を解くなかで,しぜんと自信と実力が身につくことを期待している。

目次

第I部 力と運動の表し方

第II部 運動の法則

第III部 エネルギーと運動量

第IV部 振動と円運動

第V部 剛体の力学