アクセスランキング

01位
Rプログラミング本格入門―達人データサイエンティストへの道― 
02位
統計的自然言語処理の基礎
03位
カメムシの母が子に伝える共生細菌―必須相利共生の多様性と進化― 
04位
速習 強化学習―基礎理論とアルゴリズム― 
05位
グラフ理論とフレームワークの幾何
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • 教科書献本のご案内
  • facebook
  • 構造計画研究所

分子系統学への統計的アプローチ―計算分子進化学― 

書籍情報
ISBN978-4-320-05677-0
判型B5 
ページ数360ページ
発行年月2009年03月
本体価格5,800円
分子系統学への統計的アプローチ 書影
分子系統学への統計的アプローチ

分子系統解析は,進化研究者ばかりでなくデータ解析の一手法として分子生命科学の研究者にも広く利用されている。すでにすぐれた分子系統学の著作や翻訳が刊行されているが,本書の特徴は,統計的アプローチに焦点を絞り,分子系統学の主要な問題を幅広く解説している点にある。特に,ベイズ法の分子系統学への応用については類書がない。一方,統計学の基本的な概念についても深く議論されており,この点も本書の魅力の一つである。例題や図も豊富であり,難しくなりがちな式の意味を理解するのを助けてくれる。
〔原著 Computational Molecular Evolution(Oxford Univ.Press,2006)〕

目次

PartI 分子進化のモデル構築
第1章 塩基置換のモデル

第2章 アミノ酸とコドンの置換モデル

PartII 系統樹の再構築
第3章 系統樹の再構築:概観

第4章 最尤法

第5章 ベイズ法

第6章 系統樹についての方法および検定の比較

PartIII 先端的なトピックス
第7章 分子時計と種の分岐年代の推定

第8章 タンパク質の中立進化と適応進化

第9章 分子進化のシミュレーション

第10章 展望

補遺