アクセスランキング

01位
Rプログラミング本格入門―達人データサイエンティストへの道― 
02位
統計的自然言語処理の基礎
03位
カメムシの母が子に伝える共生細菌―必須相利共生の多様性と進化― 
04位
速習 強化学習―基礎理論とアルゴリズム― 
05位
グラフ理論とフレームワークの幾何
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • 教科書献本のご案内
  • facebook
  • 構造計画研究所

研究者が教える動物飼育 第1巻―ゾウリムシ,ヒドラ,貝,エビなど― 

書籍情報
シリーズ名研究者が教える動物飼育 全3巻 【1】巻
ISBN978-4-320-05718-0
判型B5 
ページ数226ページ
発行年月2012年05月
本体価格2,800円
研究者が教える動物飼育 第1巻 書影
研究者が教える動物飼育 第1巻

 「生物の飼育を通して知る 命の 尊さ・儚さ・逞しさ!」
 日本人は古くから自然を愛し,自然と共に生きてきた。日本庭園に代表されるように,日本人は自らが存在している場所を自然と区別するのではなく,自然の一部となることを享受していた。ところが,産業革命以来発展を続けた欧米文明の進入の後に富国強兵時代を過ごし,自然と共に生きるのではなく自然を利用することに没頭し,自然破壊を重ねるようになってしまった。巨大エネルギーを必要とする社会構造を構築し,原発事故で象徴される人のコントロールを超えたエネルギー利用にまで手を染めなくてはならない時代を作り上げてしまったのだ。眼前の利益中心の生活が迎える末路は,誰にでも予想できる悲惨なものになる。この現実を乗り越えるために,私たちはあらためて自然とは何かを学ばなければならない。
 自然を学ぶ醍醐味に,動物と共に過ごすという日々がかつてあった。虫篭に入れた虫たちの声に耳を澄ますだけでなく,残酷な形でカエルやザリガニを解剖し,川でフナを釣り山でウサギを追った時代があったのだ。それらの遊びを通し,生き物がもつ生命の淡さと逞しさを知り,生き物の仕組みを体感し,物理学と化学の上になりたった生物の不思議さと生命の尊さも実感できていたのだ。それらが失われた今,どのように自然観を取り戻せばよいか。
 本シリーズは,生物研究にどっぷりと浸かり,生命の仕組みについての研究を続けている研究者が動物の飼育法を語る。95種の動物たちを知り尽くした著者がそれぞれの飼育法について語り,そこに書ききれなかったトピックスなどをコラムとして折り込んでいる。単細胞生物から哺乳類までを一堂に集めた飼育法である。行間にあふれる著者たちの生命に対する畏敬の念を,読者は本書を手に取ったときに感じるだろう。そして,研究者というプロが作り上げたノウハウを,自ら試してみてもらいたい。その方法で動物を飼育したとき,日本人としての自然観と,科学的生命観を学ぶことができるに違いない。飼育を通してのみ見える生命があるのだ。今,本書が出版されることは,自然観が薄らぐ現代においてタイムリーなものであるといえる。日本人が良き自然観を取り戻し,世界に誇れる「生命を大切にする国になること」を祈っている。

目次

タイヨウチュウ・アメーバ(洲崎敏伸)
ミドリムシ(洲崎敏伸)
ゾウリムシ(大畠(尾張)慶子・石田正樹)
サンゴ(造礁サンゴ)(中野義勝)
エチゼンクラゲ(大津浩三・河原正人)
イソギンチャク(柳 研介)
ヒドラ(小泉 修)
カイウミヒドラ類(並河 洋)
ニハイチュウ(古屋秀隆)
プラナリア(阿形清和)
センチュウ(松浦哲也)
イタチムシ(鈴木隆仁)
ゴカイ類(加藤哲哉)
ミミズ(黒川 信)
ヒル(千葉 惇)
クマムシ(鈴木 忠)
アメフラシ(長濱辰文)
イソアワモチ(西 孝子)
サザエ(半田岳志)
カラマツガイ(尾城 隆)
チャコウラナメクジ(松尾亮太)
ヨーロッパモノアラガイ(定本久世)
オウムガイ(森滝丈也・滋野修一)
ヤリイカ(羽生義郎・市川道教)
タコ(滋野修一)
アカテガニ(三枝誠行・増成伸文)
アメリカザリガニ(高畑雅一)
ヤドカリ(黒川 信)
テナガエビ(嬉 正勝)
クルマエビ(水藤勝喜・田中浩輔)
カブトガニ(柴田俊生・川畑俊一郎)
オオグソクムシ(田中浩輔)
フナムシ(堀口弘子)
シャコ(桑澤清明)
アルテミア(田中 晋)
ミジンコ(志賀靖弘・時下進一)

 コラム1 分類と系統(小柳光正)
 コラム2 ノーベル賞を受賞した動物行動学の3巨人(酒井正樹)
 コラム3 原生動物の行動制御(小泉 修)
 コラム4 形態形成の基本思想の登場―細胞選別と発生(高久康春)
 コラム5 神経生物学のモデル動物―アメフラシ(古川康雄)
 コラム6 ナメクジにおける嗅覚忌避連合学習(松尾亮太)
 コラム7 神経研究に貢献した巨大軸索(羽生義郎)
 コラム8 月光を感じる生物たち(三枝誠行)
 コラム9 ザリガニと平衡感覚の実験(高畑雅一)

関連商品

見える光,見えない光―動物と光のかかわり― 

  • ISBN:978-4-320-05687-9
  • 判型/ページ数:A5 / 256ページ
  • 発行年月:2009年04月
  • 本体価格:3,500円

動物はさまざまな環境に生息し,その生息環境からいろいろな情報を得ている。多くの動物にとって光は最も重要な情報源の1つであり,たとえば人間は,外界の情報の80%以上を,光を介して得ているといわれている。・・・

見える光,見えない光 書影
見える光,見えない光

動物の生き残り術―行動とそのしくみ― 

  • ISBN:978-4-320-05688-6
  • 判型/ページ数:A5 / 262ページ
  • 発行年月:2009年05月
  • 本体価格:3,500円

動物は何のために生きているのか。生物学では,それは自分の遺伝子を残すためであるということになっている。この目的を遂行するため,動物は多かれ少なかれ,ワンセットの行動レパートリーをもっている。移動し,探・・・

動物の生き残り術 書影
動物の生き残り術

動物の「動き」の秘密にせまる―運動系の比較生物学― 

  • ISBN:978-4-320-05689-3
  • 判型/ページ数:A5 / 246ページ
  • 発行年月:2009年06月
  • 本体価格:3,500円

動物の最大の特徴はすばやい動きであり,それゆえに「動物」の名を授かっている。英語のanimalはラテン語のanima(魂)に由来しており,「動き」は生命そのものも意味している。すなわち,動物の動き方は・・・

動物の「動き」の秘密にせまる 書影
動物の「動き」の秘密にせまる

動物は何を考えているのか?―学習と記憶の比較生物学― 

  • ISBN:978-4-320-05690-9
  • 判型/ページ数:A5 / 274ページ
  • 発行年月:2009年08月
  • 本体価格:3,500円

「動物は何を考えているのか?」という謎はすべての人が一度は心に抱いた疑問に違いない。これは動物研究者にとっても最大の興味の1つである。 本書は思考の謎を追求することを目的とはせず,下等かもしれな・・・

動物は何を考えているのか? 書影
動物は何を考えているのか?

さまざまな神経系をもつ動物たち―神経系の比較生物学― 

  • ISBN:978-4-320-05691-6
  • 判型/ページ数:A5 / 254ページ
  • 発行年月:2009年07月
  • 本体価格:3,500円

世の中には,さまざまな計算機(電卓からスーパーコンピュータまで)があると同様に,動物界にもさまざまな生体コンピュータが存在する。動物の神経系は多様性に満ちている。本書では,このようなさまざまな神経系を・・・

さまざまな神経系をもつ動物たち 書影
さまざまな神経系をもつ動物たち