アクセスランキング

01位
Rプログラミング本格入門―達人データサイエンティストへの道― 
02位
統計的自然言語処理の基礎
03位
カメムシの母が子に伝える共生細菌―必須相利共生の多様性と進化― 
04位
速習 強化学習―基礎理論とアルゴリズム― 
05位
グラフ理論とフレームワークの幾何
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • 教科書献本のご案内
  • facebook
  • 構造計画研究所

湖沼近過去調査法―より良い湖沼環境と保全目標設定のために― 

書籍情報
ISBN978-4-320-05735-7
判型A5 
ページ数250ページ
発行年月2014年12月
本体価格3,500円
湖沼近過去調査法 書影
湖沼近過去調査法

生態系――そこに住む生物や自然要素――は,今だけでなく将来住む人とも共有すべき財産である。この生態系を望ましい形で残し保全目標を設定するためには,今だけの姿だけでなく,過去はどのような生息場所であったのか,そこにはどのような生物がいたのか,またその生物はなぜいなくなったのかを,知らなければならない。このようなニーズに応えるため,本書ではモニタリングデータのない湖沼でも,近過去,すなわち人間活動の影響が最も顕在化した過去100年間の生物群集と環境の変遷を調べる手法を,具体的な研究例と合わせて紹介する。本書は湖沼の専門家だけでなく,広く野外科学の研究者やコンサルタント,これから研究を始めようとする初学者を対象としている。湖底堆積物に残された生物・化学情報を抽出するための遺伝情報を利用した手法,安定同位体やシードバンクの活用など,湖沼研究を実践的に行うための実験のマニュアルとしても利用出来る内容となっている。

目次

第1章 堆積物サンプリング方法・処理方法

第2章 年代決定法―測定法の原理と年代決定の実際

第3章 炭素窒素安定同位体と有機化学分析による環境変化解析

第4章 重金属元素分析による環境変化の復元

第5章 光合成色素と遺骸による藻類群集の変遷

第6章 動物プランクトン遺骸の定量と群集復元

第7章 分子生物学的手法によるミジンコ群集の復元

第8章 橈脚類(ヒゲナガケンミジンコ)群集の復元

第9章 花粉分析による集水域植生の復元

第10章 生物標本を利用した湖沼生態系の復元

第11章 植生の再生に向けた土壌シードバンク調査