進化学事典

書籍情報
ISBN978-4-320-05777-7
判型B5 
ページ数996ページ
発行年月2012年04月
本体価格18,000円
進化学事典 書影
進化学事典

「進化のすべて」をめざした日本進化学の金字塔!
 生命が誕生してから40億年という膨大な時のながれの中で,多種多様な生物が出現しました。このすべてが進化であり,生命を知るには進化の理解が必須なのです。日本における進化の研究は,明治時代以来の長い伝統があります。20世紀後半には現代進化学の根幹である中立進化論の確立に,木村資生をはじめとする多くの日本人研究者が貢献しました。1999年に日本進化学会が設立されました。

 本書は,学会の創立10周年記念事業の一環です。『進化学事典』には,進化学の多様な成果を盛り込み, 全28章297項目を171名の著者が執筆しました。 第一部「進化史」,第二部「進化のしくみ」,第三部「進化学とそのひろがり」という三部構成です。 第一部は生命の起源から始まり日本列島の生物まで,生物進化によってもたらされた生命の多様性を示しました。第二部は,遺伝子,タンパク質,ゲノムからはじまり,動物の行動,形態と発生,種,環境との相互作用まで,進化のしくみを広範なレベルで紹介しました。第三部は,古生物学をはじめとする進化学と他分野との関係や進化解析の技法,進化学の歴史を取り扱っています。

 これまでに日本では事典が多数出版されていますが,進化学に関しては,本事典がはじめてです。この進化学事典が,21世紀を担う若い人々にとって進化学を学ぶよい機会となれば幸いです。

目次

第1章 生命の起源

第2章 ウイルスと原核生物

第3章 真核生物の誕生

第4章 原生生物

第5章 植物

第6章 菌類

第7章 動物の誕生

第8章 動物の多様性

第9章 節足動物

第10章 新口動物

第11章 脊椎動物の登場

第12章 陸上の脊椎動物

第13章 哺乳類と人類

第14章 地球史

第15章 日本列島の生物

第16章 遺伝子

第17章 タンパク質

第18章 ゲノム

第19章 分子進化

第20章 集団内の遺伝子

第21章 動物の行動

第22章 形態の発生

第23章 種

第24章 環境との相互作用

第25章 他分野との関係

第26章 古生物学

第27章 進化解析の技法

第28章 進化学の歴史

付録1 進化研究に大きな貢献をした研究者 
付録2 進化学史年表

索引

関連商品

これからの進化生態学―生態学と進化学の融合― 

  • ISBN:978-4-320-05681-7
  • 判型/ページ数:菊 / 280ページ
  • 発行年月:2009年03月
  • 本体価格:4,200円

生態学と進化生物学の接点としての進化生態学の様々なトピックスについて,最近の研究成果を織り込みながら概説した本。従来の進化生態学の本とは異なる独自の視点に立って過去の幅広い研究の成果を解説し,各々のト・・・

これからの進化生態学 書影
これからの進化生態学

進化のダイナミクス―生命の謎を解き明かす方程式― 

  • ISBN:978-4-320-05665-7
  • 判型/ページ数:菊 / 350ページ
  • 発行年月:2008年02月
  • 本体価格:4,800円

生命は細胞から生態系にまで及ぶスケールで,外界と様々に相互作用しながら生存している。今日見られる全ての生物システムは,進化の結果生じてきた。進化は様々な要素が相互作用しながら発展する動的なプロセスであ・・・

進化のダイナミクス 書影
進化のダイナミクス