アクセスランキング

01位
Rプログラミング本格入門―達人データサイエンティストへの道― 
02位
統計的自然言語処理の基礎
03位
カメムシの母が子に伝える共生細菌―必須相利共生の多様性と進化― 
04位
速習 強化学習―基礎理論とアルゴリズム― 
05位
グラフ理論とフレームワークの幾何
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • 教科書献本のご案内
  • facebook
  • 構造計画研究所

生体膜の分子―その姿,かたち,振舞い― 

書籍情報
シリーズ名表面・薄膜分子設計シリーズ 全18巻 【18】巻
ISBN978-4-320-08518-3
判型B6 
ページ数128ページ
発行年月1994年01月
本体価格1,320円
生体膜の分子 書影
生体膜の分子

脂質の集合体の構造と性質,輸送や光合成の働きをもつ特定のタンパク質の構造と働く仕組みに焦点をおき,生体膜の構造と働きの関係を詳述。同時に,生命科学の学問の流れを辿り,現状を考察する。

目次

第1章 はじめに

第2章 生体膜研究の流れ

第3章 生体膜の姿,かたち,はたらき

第4章 脂質が集まってどういう形を作る?その性質は?

第5章 生体膜が分子を見分ける働き―どうやって見分けるか?

第6章 二次能動輸送系の仕組み―どうやってモノを運ぶのか?

第7章 仕組みを解く鍵―膜に深く入り込んだタンパク質の立体構造

第8章 生体膜を“見る”新手法