アクセスランキング

01位
Rプログラミング本格入門―達人データサイエンティストへの道― 
02位
統計的自然言語処理の基礎
03位
カメムシの母が子に伝える共生細菌―必須相利共生の多様性と進化― 
04位
速習 強化学習―基礎理論とアルゴリズム― 
05位
グラフ理論とフレームワークの幾何
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • 教科書献本のご案内
  • facebook
  • 構造計画研究所

不可能へのあこがれ―数学の驚くべき真実― 

書籍情報
ISBN978-4-320-11080-9
判型A5 
ページ数288ページ
発行年月2014年02月
本体価格3,200円
不可能へのあこがれ 書影
不可能へのあこがれ

 私たちの歴史は,それまで不可能であると考えられた挑戦に立ち向かいながら達せられてきた偉業―世界一周,エベレスト登頂,月面着陸など―に満ちている。それは数学の歴史に関しても同様である。
 本書は常識と“不可能”の間の創造的な場に焦点を合わせ,「無理数と複素数」,「曲面空間」,「無限」といった数学の新しい概念の発見や考案の歴史を探る。
芸術,文学,哲学,および物理学との関係を描画しつつ,知的な風景の中にある数学を吟味する。

(John Stillwell: Yearning for the Impossible: The Surprising Truths of Mathematics, A K Peters, 2006)

目次

第1章 無理数

第2章 虚数

第3章 水平線

第4章 無限小

第5章 曲がった宇宙

第6章 4次元

第7章 イデアル

第8章 周期的な空間

第9章 無限