文字符号の歴史―アジア編― 

この書籍は現在お取り扱いできません。

書籍情報
ISBN978-4-320-12040-2
判型B5変型 
ページ数380ページ
発行年月2002年03月
本体価格7,500円
文字符号の歴史 書影
文字符号の歴史

漢字,ハングル,インド系文字(デーヴァナーガリ,タイ,チベット他),アラビア文字,蒙古文字,アルファベットなど,アジアの多様な文字について,文字の成り立ちとしくみ,国語・文字政策,国語情報処理,および文字符号の形成の過程を,初期の活字印刷,電信符号や機械式タイプライターの時代から説き起こして歴史的に記述する。アジアの公用語で使用される25種類余りの文字系のほとんどをカバーしており,各文字の例文,文字表,活字見本,文字符号表,代表的な鍵盤配列など,合計250点を超える図版類でわかりやすく図解する。

目次

1章 アジアの多様な文字世界

2章 文字符号の前史-活字,タイプライター,印刷電信-

3章 ASCIIとその拡張

4章 文字符号表の成立-国語情報処理の歴史-

5章 文字符号表の分裂と統合

6章 デジタルデバイドと文字符号

関連商品

文字符号の歴史―欧米と日本編― 

  • ISBN:978-4-320-12102-7
  • 判型/ページ数:B5変型 / 288ページ
  • 発行年月:2006年02月
  • 本体価格:6,000円

 文字符号―あるいは文字コードといったほうが通りがいいかもしれない―を論じた書籍やWWWページを見ていると,どうも気になることがある。文字符号の現在の姿しか知らず,それがどのように発展してきたかを理解・・・

文字符号の歴史 書影
文字符号の歴史