有害プログラム―その分類・メカニズム・対策― 

書籍情報
シリーズ名サイバーセキュリティ・シリーズ 【2】巻
ISBN978-4-320-12109-6
判型A5 
ページ数192ページ
発行年月2004年07月
本体価格3,000円
有害プログラム 書影
有害プログラム

本書は,昨今のマスコミを騒がせている「コンピュータウイルス」を総称して「有害プログラム」と呼び,コンピュータウイルス,ワーム,トロイの木馬などをそれぞれ独自のものと考える。これは,それぞれの対処方法を明確にして個別に議論をすることが大切だからである。
また,セキュリティを技術だけで100%解決することはできない。社会的な要因など,関連する広い知見を必要とする。したがって,本書では,いままでの書籍ではあまり扱っていなかった過去の事例や技術面を詳しく解説するとともに,管理・運用面も含めての対策を詳説する。

目次

第1章 概論

第2章 有害プログラムの歴史

第3章 有害プログラムの定義

第4章 有害プログラムの分類

第5章 特徴的な有害プログラム

第6章 有害プログラムのメカニズム

第7章 有害プログラム対策

付録.1 IPAへのウイルス被害届出について
付録.2 関連サイト