Common Lisp オブジェクトシステム―CLOSとその周辺― 

書籍情報
ISBN978-4-320-12254-3
判型B5 
ページ数334ページ
発行年月2010年08月
本体価格5,000円
Common Lisp オブジェクトシステム 書影
Common Lisp オブジェクトシステム

1988年11月に「bit 別冊」として刊行された書を復刊。本書は,CLOS(Common Lisp Object System)と呼ばれるCommon Lispのオブジェクト指向機能に関するものである。その概要と仕様について著している。また,他のオブジェクト指向機能との位置を知ることは重要と思われるので,共通例題を幾つかの言語で記述することも試みている。
≪復刊に際して≫
 1989年,それはCommonLispを最新の世代の言語として磨きあげようと,米国では標準化のためのX3J13委員会があり,日本では当時の(社)電子協の中に委員会が作られ,日米でホットな活動が続けられた年だった。井田はそれらにいずれにも正式なメンバーあるいは委員長として関与していた。この活動は,単に標準化ではまったくなく,新しい時代のためにLisp言語の仕様をどのように発展させるかという研究上の多くの課題に取り組んだ活動でもあった。このため,当時の新進気鋭の研究者・開発者が集まり,明日の時代のために大きなうねりを作っていた。このことが正当な認識であるということは,今回の復刊が裏づけてくれるものと信じている。21年も前の技術書に対して,復刊の希望が根強く存在していたというのは驚くべきことであろう。著者らを代表して,この復刊を期待してくれた多数の方々ならびに出版社に感謝する次第である。
 当時の文を読み返してみると不十分な部分も見られるが,それらもそのままの形で出すということで出版社と合意した。あのbit誌の別冊として作られたままにである。また,当然20年あまりの時代の変化によって部分的には古くなっている部分もあることは認めたい。同時に,多くの記述が現在の当該分野に関わる,あるいは関わろうとしている人たちにも,今でも新しい刺激と導入を与えてくれるものであると信じたい。
2010年7月
著者・編者を代表して井田昌之

目次

まえがき

発刊に寄せて

第I部 CLOSとは
第1章 CLOS概説
1.CLOSへの道筋
2.クラス
3.メソッドとメッセージ送信
4.CLOSによるプログラム例
5.CLOSの位置付け,将来

第2章 CLOS解説
1.クラスの定義と継承
2.メソッドと総称関数
3.オブジェクトの初期化と再初期化
4.オブジェクトとメタオブジェクト
5.メソッド選択とメソッド結合

第3章 CLOSの歴史
1.まえがき
2.第1期:電子メイルによる初期の討論
3.第2期:3つのプロポーザルの提案
4.第3期:Portable CommonLoops
5.むすび

第4章 Portable CommonLoops(PCL)での実現技術
1.ブートストラップ
2.スロットアクセスとスロットキャッシュ
3.メソッド呼出しとテンプレートファンクション

第5章 共通例題による他の言語との比較
1.共通例題解説 ―Grapher―
2.Lisp系言語での比較
  2.1 Common Lisp(CLtL 準拠)
  2.2 ExplorerのFlavors
  2.3 SymbolicsのFlavors
  2.4 LOOPS
  2.5 TAO
  2.6 CommonObjects
  2.7 CLOS
3.その他の言語での比較
  3.1 Smalltalk-80
  3.2 ESP
  3.3 Objective-C
  3.4 C++

第6章 メタオブジェクト
1.CLOSメタオブジェクトカーネル現状報告
2.メタクラス

付録A 各言語によるGrapherソースプログラム
付録B 用語解説

第II部 CLOSの仕様
第1章 プログラマインタフェースの概念

第2章 プログラマインタフェースにおける機能

関連商品

COMMON LISP 第2版

  • ISBN:978-4-320-02588-2
  • 判型/ページ数:B5 / 944ページ
  • 発行年月:1992年06月
  • 本体価格:8,000円

本書は,最新の Common Lisp の言語仕様を定義している『CLtL2』の全訳である。初版の記述をベースに,ANSI Common Lisp 原案やCLOS,エラー処理など1984年以降の数多く・・・

COMMON LISP 書影
COMMON LISP