写経型学習によるC言語プログラミングワークブック

書籍情報
ISBN978-4-320-12294-9
判型B5 
ページ数320ページ
発行年月2012年02月
本体価格2,500円
写経型学習によるC言語プログラミングワークブック 書影
写経型学習によるC言語プログラミングワークブック

「写経型学習」―教科書の例題をすべて入力し,実行することでプログラムに慣れるという,言わば「習うより慣れろ」式の学習方法―によるC言語の学習書。
 前半は,C言語の主な文法・機能を自習中心で学んでいくためのワークブックとなっている。まずは,C言語に現れる文字や言葉について学んだ後,学習者は実際にプログラムを入力し,コンパイル,実行の結果を確認しながらC言語に慣れる。
 後半は,実際に問題解決のためにC言語でプログラミングする手順を学ぶ。3目並べという簡単なゲームのプログラミングを例に,問題の処理手順を普通の言葉(日本語)で考え,それを分析してプログラムとしてどのように構成していけばよいのかを学ぶ。

目次

第I部 C言語習得編
1.学習の仕方を理解する

2.プログラミングに使用する文字と用語

3.C言語の実行環境の準備とC言語プログラムの開発手順

4.画面に表示する方法

5.データを入力する方法

6.値を保存する方法(変数)

7.処理の流れとフローチャート

8.条件によって処理をわける方法(if文)

9.繰り返し処理(for文)と変数を一括管理する方法(配列)

10.配列の便利な使い方(多次元配列)

11.for文ドリル

12.while文

13.ポインタ

14.関数

15.複数のデータ型を1つにまとめる方法(構造体)

第II部 プログラミングによる問題解決編
16.「プログラミングによる問題解決編」学習ガイド

17.問題を理解する

18.問題の解決手順を言葉で表現する

19.問題の解決手順を分析する

20.プログラム構成の技法

21.プログラムを作る

22.腕試し:コンピュータとの対戦

付録 ライブラリ