コンピュータネットワーク概論

書籍情報
シリーズ名未来へつなぐ デジタルシリーズ 【27】巻
ISBN978-4-320-12347-2
判型B5 
ページ数288ページ
発行年月2014年09月
本体価格2,800円
コンピュータネットワーク概論 書影
コンピュータネットワーク概論

 インターネットの普及に伴い,スマートフォンなどモバイル通信でのコミュニケーションが日常的に行われるようになった。コンピュータネットワークは日々の生活におけるすべての基盤であり,その技術はますます重要となってきている。大学教育においても,コンピュータネットワークは誰もが学習しなければならない必須の科目となりつつある。

 本書は理系のみならず文系の大学学部学生も対象としており,コンピュータネットワークの基礎・応用技術について図を多用しながら丁寧に解説した入門書である。各章の最初にその章のポイントやキーワードを示して予め内容が概観できるようにし,章の終わりには演習問題を載せて理解度の確認を行えるようにした。

 なお本書は「基本情報技術者試験」におけるコンピュータネットワークの出題内容をすべて満足している。本書を学ぶことでさらに発展的な内容にも進んでいけるであろう。

目次

第1章 序論
1.1 コミュニケーション
1.2 コンピュータシステムの発展
1.3 コンピュータネットワークの発展
1.4 分散処理システム
1.5 システムの信頼性

第2章 コンピュータネットワークアプリケーション
2.1 コンピュータネットワークと私たちの暮らし
2.2 インターネットアプリケーションの事例

第3章 ネットワーク基本技術
3.1 コンピュータネットワークの発展経緯
3.2 コンピュータネットワークの基本的な考え方
3.3 OSI参照モデルと基本機能
3.4 TCP/IP 参照モデルと基本機能
3.5 ネットワークアーキテクチャ基本技術

第4章 物理層と交換方式
4.1 通信伝送路
4.2 データ伝送
4.3 通信ネットワークの基本構成
4.4 インターネット接続サービス

第5章 データリンク層
5.1 データリンクとは
5.2 誤り制御
5.3 データリンクプロトコル
5.4 データリンクプロトコルの事例
5.5 フレーム化

第6章 LAN技術
6.1 LANの概要
6.2 LAN参照モデル
6.3 メディアアクセス制御プロトコル
6.4 LANの高速化
6.5 トラフィックの分割とVLAN
6.6 情報家電ネットワーク
6.7 ネットワーク相互接続

第7章 ネットワーク層
7.1 ネットワーク制御
7.2 インターネットプロトコル(IP)
7.3 IPパケットの構成
7.4 IPの補助プロトコル
7.5 経路選択
7.6 インターネットにおける経路制御
7.7 輻輳制御
7.8 QoS(Quality of Service)
7.9 ネットワーク間の接続とNAT(およびNAPT)
7.10 IPv6

第8章 トランスポート層
8.1 トランスポート層の役割
8.2 UDP
8.3 TCP

第9章 ドメイン管理
9.1 IPアドレスとドメイン名
9.2 ドメイン名の構成
9.3 ドメイン名の階層構造と種類
9.4 DNSの仕組み
9.5 DNSサーバの動作確認
9.6 DNSのセキュリティ上の脅威

第10章 Webと電子メール
10.1 Webサービス
10.2 電子メール

第11章 メディア通信とコンテンツ配信
11.1 マルチメディアデータ
11.2 データ圧縮
11.3 ストリーミング
11.4 コンテンツ配信

第12章 ワイヤレスネットワーク
12.1 ワイヤレス通信の発展
12.2 無線チャネル割当方式
12.3 多重アクセス方式
12.4 モバイルコンピューティングと移動通信ネットワーク
12.5 ユビキタスネットワーク

第13章 ネットワークセキュリティ
13.1 暗号
13.2 認証
13.3 悪意のあるソフトウェア
13.4 ワーム
13.5 攻撃方法
13.6 ネットワークにおける安全対策