アクセスランキング

01位
Rプログラミング本格入門―達人データサイエンティストへの道― 
02位
統計的自然言語処理の基礎
03位
カメムシの母が子に伝える共生細菌―必須相利共生の多様性と進化― 
04位
速習 強化学習―基礎理論とアルゴリズム― 
05位
グラフ理論とフレームワークの幾何
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • 教科書献本のご案内
  • facebook
  • 構造計画研究所

復刊計算機の歴史―パスカルからノイマンまで― 

書籍情報
ISBN978-4-320-12401-1
判型A5 
ページ数460ページ
発行年月2016年07月
本体価格5,800円
復刊計算機の歴史 書影
復刊計算機の歴史

著者H.ゴールドスタインは,ENIACの開発プロジェクトで重要な役割を果たし,その後,IBM社において計算機開発の歴史とともに歩んできた人物。本書はパスカルの計算機から始まり,ノイマンによるプログラム内蔵方式の電子計算機誕生までの歴史を述べた。『計算機の歴史 パスカルからノイマンまで』として1979年初版発行後,以来,長年にわたり多数の読者にご愛読いただいてまいりました。この度,多くの読者からの要望を受け単行本に改装し発行するものです。

目次

第1部 第二次世界大戦までの歴史的背景

第2部 第二次世界大戦中の発達:ENIACとEDVAC

第3部 第二次世界大戦後:フォン・ノイマン型計算機と高級研究所

付録 世界各国の開発状況