情報セキュリティの基礎  

  • 佐々木 良一監修 手塚 悟編著 石井 夏生利・稲葉 宏幸・上原 哲太郎・越前 功・岡崎 美蘭・岡田 仁志・岡本 栄司・小松 尚久・白勢 政明・瀬戸 洋一・高倉 弘喜・土井 洋・村上 康二郎 
書籍情報
シリーズ名 未来へつなぐ デジタルシリーズ 【2】巻
ISBN 978-4-320-12302-1
判型 B5
ページ数 240ページ
発行年月 2011年10月
本体価格 2,800円
見本を請求する
情報セキュリティの基礎 書影
情報セキュリティの基礎

おすすめ教科書

現在の情報化社会において,最も重要な技術分野の一つとして「情報セキュリティ」が挙げられる。単にITを安心して利用できる環境を追求するだけでなく,真にITを使いこなすことのできる力強い「個」と「社会」の確立を目指すためには,その知識が重要である。ただし,情報セキュリティの構成は多岐にわたっており,技術のみならず運用から制度に至るまですべての領域に関係して,理解する必要がある分野である。本書では,この技術分野がなぜ必要なのかを,技術的な話題から法制度まで多岐にわたる内容を,社会的背景を踏まえて丁寧に解説している。情報セキュリティの入門決定版!

目次

第1章 情報セキュリティとは

第2章 暗号の基礎

第3章 共通鍵暗号

第4章 公開鍵暗号

第5章 電子署名とPKI

第6章 バイオメトリック認証

第7章 情報ハイディング

第8章 アクセス制御

第9章 不正プログラム対策

第10章 プライバシー保護

第11章 セキュリティ評価

第12章 情報セキュリティポリシー

第13章 情報リテラシー

第14章 デジタルフォレンジック

第15章 法制度