アクセスランキング

01位
Rプログラミング本格入門―達人データサイエンティストへの道― 
02位
統計的自然言語処理の基礎
03位
カメムシの母が子に伝える共生細菌―必須相利共生の多様性と進化― 
04位
速習 強化学習―基礎理論とアルゴリズム― 
05位
グラフ理論とフレームワークの幾何
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • 教科書献本のご案内
  • facebook
  • 構造計画研究所

検索結果

検索条件 【分類:科学一般 > 工芸】 に該当した商品は【11件】です。

詳細検索

うるしの科学

  • ISBN:978-4-320-00592-1
  • 判型/ページ数:A5 / 174ページ
  • 発行年月:2014年01月
  • 本体価格:2,800円

エコな天然素材として注目される,うるし(漆)の物理・化学の性質を,材料学の立場から一般の材料技術者,工芸家のためにまとめたもので,これまでに伝承されてきた技術,知識に科学的根拠を与えるとともに,これか・・・

うるしの科学 書影
うるしの科学

図解木工入門―木製品の見方から製作へ― 

  • ISBN:978-4-320-09257-0
  • 判型/ページ数:B5 / 110ページ
  • 発行年月:1998年05月
  • 本体価格:3,200円

好評の『図説竹工入門』の姉妹書。木材加工を趣味としている人々を対象に,木製品の見方から作り上げるまでを順を追って懇切丁寧に指導する。

図解木工入門 書影
図解木工入門

図説竹工入門―竹製品の見方から製作へ― 

  • ISBN:978-4-320-09256-3
  • 判型/ページ数:B5 / 120ページ
  • 発行年月:1993年09月
  • 本体価格:3,200円

竹工特有の難かしい技を図解で具体的に理解しやすく表現した竹工芸とその技法習得への手引書。種々の竹製品の形・構成・部材・材料竹等の見方から説明し,作り方を工程順にわかり易く指導。

図説竹工入門 書影
図説竹工入門

パソコンによる絵画へのいざない

  • ISBN:978-4-320-09252-5
  • 判型/ページ数:A5 / 228ページ
  • 発行年月:1989年01月
  • 本体価格:2,400円

パソコンを用いて普通の絵画を描く手法を,実際のプログラムを示して説明した入門書。パソコンの初心者にもわかりやすく解説。

パソコンによる絵画へのいざない 書影
パソコンによる絵画へのいざない

美術品の真贋―その科学的鑑定― 

  • ISBN:978-4-320-09224-2
  • 判型/ページ数:A5 / 236ページ
  • 発行年月:1980年04月
  • 本体価格:3,000円

本書は,最新の科学技術を駆使して,美術品を客観的に判定する方法を具体的な例をあげてわかりやすく解説。芸術という自然科学に無縁なはずの世界にまで,現代科学が入り込んでいることにまず驚くことであろう。

美術品の真贋 書影
美術品の真贋

入門やきもののテクニックと鑑賞

  • ISBN:978-4-320-00697-3
  • 判型/ページ数:B6 / 242ページ
  • 発行年月:1979年08月
  • 本体価格:1,300円

やきものの美しさの鑑賞について記され,特にアマチュア初心者向けの手ほどきをし,陶芸教室,材料店,やきもの関係の美術館等も抱げている。

入門やきもののテクニックと鑑賞 書影
入門やきもののテクニックと鑑賞

図説竹工芸―竹から工芸品まで― 

  • ISBN:978-4-320-09207-5
  • 判型/ページ数:B5 / 358ページ
  • 発行年月:1974年12月
  • 本体価格:10,500円

(序より抜粋)  科学の進歩につれて良いものができても,自然物の良さがまた見直されてくる。中でもすぐれた性質を持つ竹は,利用の面は広大で,その工芸品もまた限りなく多いが,その技術を体系的にまとめたも・・・

図説竹工芸 書影
図説竹工芸

入門やきものの科学

  • ISBN:978-4-320-00685-0
  • 判型/ページ数:B6 / 230ページ
  • 発行年月:1974年12月
  • 本体価格:1,600円

現在“やきもの”野関する図書は数多く出版されているが,その多くは観賞用のものである。本書は“やきもの”に科学的なメスを入れたユニークな書である。

入門やきものの科学 書影
入門やきものの科学

陶磁器釉薬―うわぐすり― 

  • ISBN:978-4-320-09205-1
  • 判型/ページ数:A5 / 230ページ
  • 発行年月:1965年01月
  • 本体価格:3,500円

本書は趣味のやきもの造りや陶芸家を志す若い人のために釉薬の沿革,陶磁器の分類と説明,釉原料から低火度の鉛釉,高火度の灰釉,石灰釉,透明釉等,各種の釉全般にわたって調合例をあげながら平易に解説した。古磁・・・

陶磁器釉薬 書影
陶磁器釉薬