アクセスランキング

01位
数学のための英語教本―読むことから始めよう― 
02位
入門計量経済学
03位
実用的でないPythonプログラミング―楽しくコードを書いて賢くなろう!― 
04位
サーストン万華鏡―人と数学の未来を見つめて― 
05位
ジオダイナミクス 原著第3版
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • facebook

谷 忠昭タニ タダアキ

著作一覧

詳細検索

色素増感―カラーフィルムからペロブスカイト太陽電池まで― 

  • ISBN:978-4-320-04477-7
  • 判型/ページ数:B6 / 142ページ
  • 発行年月:2020年01月
  • 本体価格:1,900円

 色素増感は1873年にVogelが写真乾板を用いて発見した現象であり,カラーフィルムにとって必須の技術となった。一方で色素増感は光誘起電子移動という基本的な現象であり,関連する分野を刺激して光触媒,・・・

色素増感 書影
色素増感