生態学は環境問題を解決できるか?

試し読み
紙 + 電子書籍
生態学は環境問題を解決できるか?
著者 伊勢 武史 著・ 巌佐 庸 コーディネーター
分野 科学一般  > 科学一般  > 環境系
生物学・生物科学  > 生理・生態学  > 環境・自然保護
生物学・生物科学  > 生理・生態学  > 生態学
環境科学  > 生物学・生物科学
シリーズ 科学一般  > 共立スマートセレクション 31
発売日 2020/02/18
ISBN 9784320009318
体裁 B6・138頁
定価 1,980円 (本体1,800円 + 税10%)
  • この本の
    内容
  • 目次
  • 関連情報
自然や生きものを愛する人が知っておくべき環境学について、生態学を専門とする筆者が軽快な文章で説明する。生態学と環境学の違いに触れ、さまざまな環境問題の例を取り上げながら、環境問題を考えるうえで欠かせない「視野」を伝授する。第一線を走り続ける科学者としての心構えや、筆者が進めている最新の研究についても紹介。「自然が大好き」「自然についてよく知っている」という人へ向けた、環境学に関する入門啓蒙書。
1 人と自然と環境問題
1.1 僕が自然の研究をはじめたわけ
1.2 共有地の悲劇:環境問題はなぜ起こる?
1.3 食生活と共有地の悲劇
1.4 環境問題とNIMBY
1.5 共有地の悲劇を解決するには?
1.6 「良かれと思って」の功罪
1.7 環境問題は単純ではない
1.8 この本について

2 環境倫理と歴史
2.1 アメリカの環境意識
2.2 近現代の環境意識
2.3 環境問題は実は倫理の問題
2.4 自然の「人権」

3 答えはひとつに決まらない
3.1 何年前がいいの?
3.2 原生林は「手つかずの自然」であるべきか?
3.3 人はどこまで自然に介入すべきか:ノータッチ? それとも人為で人為を打ち消す?
3.4 保全と利用のはざま
3.5 文化か自然保護か
3.6 生物多様性はどこまで?どのように?守るべきか
3.7 何事も「トレードオフ」.バランス感覚が大事.

4 外来種のおはなし
4.1 奥が深い外来種問題
4.2 外来種は「お互いさま」

5 前向きに何とかしよう
5.1 環境問題について「伝える」
5.2 生態学は環境問題を解決できるか?
5.3 生物学的環境修復(bioremediation)
5.4 未来をおもう,人間はとても美しい

6 科学者とは・科学とは
6.1 ハーバード大学での歓喜と苦闘
6.2 研究者の就職事情
6.3 科学のお作法
6.4 科学ってなに?:客観性とは
6.5 科学ってなに?:反証可能性とは

7 全力で走らねば
7.1 人工知能を使ってみる
7.2 シミュレーションの信頼性を向上させる

文 献

あとがき

生態学から環境問題を考える(コーディネーター 巌佐 庸)

索 引

Shopping
ご注文

1,980円
(本体1,800円 + 税10%)

ネット書店で購入

電子書籍

価格は各電子書籍店にてご確認ください。

電子書籍店で購入