赤外・ラマン分光分析

赤外・ラマン分光分析
著者 日本分析化学会 編・ 長谷川 健 著・ 尾崎 幸洋
分野 化学・化学工業  > 分析化学  > 機器分析実技
シリーズ 化学・化学工業  > 分析化学実技シリーズ 全30巻  > 機器分析編 2
発売日 2020/09/30
ISBN 9784320044586
体裁 A5・194頁
定価 3,190円 (本体2,900円 + 税10%)
  • この本の
    内容
  • 目次
  • 関連情報
赤外・ラマン分光法は、名前は聞いたことがあっても、学部時代に講義や実習で触れることはごくわずかで、結局、何がわかる方法なのかよくわからなかった、という印象をお持ちの方が多いと思う。その結果、研究室や職場にFT-IRや顕微ラマン分光の装置があってなんとか使いこなしたいが、何からどう手を付けてよいかわからない、という状況もよくありそうである。

赤外・ラマン分光法は、分子振動を介して分子の構造、集合構造、コンフォメーション、配向、結晶多形など、実に様々な構造情報をいっぺんに知ることができ、化学に携わる人にとって最初に測った方が良いくらいの汎用性と情報量に優れた分析手法である。本書では、この基本的ながら十分には知られていない2つの分光法で、何ができて、スペクトルをどう測り、どう読めばよいのかについて、現代の視点で詳しく書いている。専門書は難しすぎるし、でも簡単な手引書では物足りないという現場の声に応えた本である。必要な箇所だけでもとりあえず参照しながら実際にスペクトルを測ってみる。きっと知りたかった構造情報が、思ったよりも容易に手に入ることに驚くであろう。
Chapter1 振動分光法

Chapter2 赤外分光法

Chapter3 ラマン分光法

Shopping
ご注文

3,190円
(本体2,900円 + 税10%)

ネット書店で購入