数学英和・和英辞典 増補版

紙 + 電子書籍
数学英和・和英辞典
著者 小松 勇作 編・ 東京理科大学 数学教育研究所 増補版編集
分野 数学  > 辞典・用語集
発売日 2016/02/29
ISBN 9784320111509
体裁 B6・412頁
定価 3,850円 (本体3,500円 + 税10%)
  • この本の
    内容
  • 目次
  • 関連情報
理数科系の学部課程・大学院修士課程の学生が必要とする数学用語の英和・和英対訳辞書のロングセラー、増補版!
 英語で書かれた数学書を読む際に、数学用語の標準的な日本語訳は何なのか知りたくなることがよくあります。そんなとき、数学の専門語はふつうの辞書にはほとんど載っていませんが、本書のような数学用語の英和辞典は大いに助けになるでしょう。一方で、将来的に英語の数学書を読みこなすために、和書を読みながら日本語の数学用語の標準的な英訳に徐々に親しむことや、英文で論文を執筆するときの参考として、本書の和英の部は役に立つと思います。読者の実際の利用方法はさまざまですが、刊行されてから40年近くの間に非常に多くの版を重ねていることは、本書のような辞典を求める読者が数多いことを示しています。
 しかし、さすがに数学用語といえども、最近では使われなくなった術語や標準的な訳が変化したものなどもあり、数学の新理論で登場してきた用語も多くあります。また、コンピュータ関係の発展に伴い、グラフ理論をはじめ情報理論に関連する数学の用語も変化してきました。そこで、増補版の編集に当たっては必要な新語を取り入れるとともに、既存掲載項目を全面的にチェックし、訳や用例をアップデートする一方で、もはや不要となった項目は削除しました。また、特定の分野の専門用語ではない、よく使われる論文や学術書特有の言い回しなども多少補いました。
 編集委員一同は、この増補版が旧版の改善充実となっていることを信じ、いっそう読者に活用していただけることを願っています。

初版からの体裁上の変更:
和英の部は、見出し語がローマ字表記であったが、これを現状に即して、五十音表記に変更した。

〔日本図書館協会選定図書〕

はじめに

凡例

英和(アルファベット)の部

和英(五十音)の部

付録1 記号・式の英語での読み方

付録2 数の呼称

付録3 各種の字体

Shopping
ご注文

3,850円
(本体3,500円 + 税10%)

ネット書店で購入

電子書籍

価格は各電子書籍店にてご確認ください。

電子書籍店で購入