複素数

複素数
著者 小林 善一 編集委員・ 田島 一郎 編集委員・ 中谷 太郎 編集委員・ 穂刈 四三二 編集委員・ 矢野 健太郎 編集委員・ 小林 善一
分野 数学  > 関数論  > 複素数
シリーズ 数学  > 新しい数学へのアプローチ 全15巻 7
発売日 1966/09/01
ISBN 9784320010574
体裁 A5・174頁
定価 1,760円 (本体1,600円 + 税10%)
在庫 品切れ・重版未定
  • この本の
    内容
  • 目次
複素数の自然発生的なものから始めて、ベクトル的な理論の導入を行い、関数論のなかでも写像に関する理論をやさしく展開した。
1章 複素数

2章 一次変換

3章 写像

4章 有理式と無理式

5章 初等超越関数

6章 積分法

Shopping
ご注文

1,760円
(本体1,600円 + 税10%)

ネット書店で購入