反強磁性体

―応用への展開―

試し読み
紙 + 電子書籍
反強磁性体

日本磁気学会 平成29年度 出版賞受賞

著者 日本磁気学会 編・ 深道 和明
分野 物理学  > 電磁気学
物理学  > 物性物理  > 物性・物質論
シリーズ 物理学  > マグネティクス・ライブラリー 3
発売日 2014/07/26
ISBN 9784320034709
体裁 A5・344頁
定価 5,500円 (本体5,000円 + 税10%)
  • この本の
    内容
  • 目次
  • 関連情報

反強磁性体の重要性がスピントロにクスの分野で認識され、磁性材料としての反強磁性体が多くの分野で脚光を浴びるようになってきた。本書には反強磁性を示す3d遷移金属および4f希土類金属、およびそれらの元素で構成される典型的な合金および化合物、ニクタイド、ナイトライド、シリサイド、カルコゲナイド、ハライド、スピネル酸化物、ペロブスカイトなどが収められている。これら反強磁性体のバルク、薄膜、多層膜、人工格子、クラスターのスピン構造、磁気変態と結晶構造変化、メタ磁性転移、磁気エントロピー、磁歪、ヤーン・テラー効果、スピンカイラリティ、スキルミオン格子、フラストレーションとネール温度、熱電特性、ハーフメタル特性、電気的性質、反強磁性と超伝導の共存などが応用への展開を念頭に議論されている。

第1章 反強磁性の概要,スピン構造,磁気転移温度

第2章 Cr金属および希薄合金の反強磁性

第3章 Crの薄膜,多層膜,微粒子,クラスターの磁性

第4章 Mn金属・合金,薄膜,クラスターの反強磁性

第5章 規則および不規則Mn合金の反強磁性

第6章 Fe金属,薄膜,クラスターの反強磁性

第7章 Fe化合物・合金の反強磁性

第8章 希土類金属,合金,人工格子の反強磁性

第9章 希土類金属系化合物の反強磁性,磁性超伝導,ランダム磁気異方性

第10章 3d遷移金属ニクタイド系の反強磁性

第11章 3d遷移金属ナイトライドの反強磁性

第12章 3d遷移金属シリサイド系化合物の反強磁性

第13章 ホイスラー合金の反強磁性とハーフメタル特性

第14章 カルコゲナイドおよびハライドの反強磁性

第15章 AmBn型酸化物の反強磁性

第16章 ペロブスカイト型化合物の反強磁性

第17章 フラストレーション系化合物の反強磁性

Shopping
ご注文

5,500円
(本体5,000円 + 税10%)

ネット書店で購入

電子書籍

価格は各電子書籍店にてご確認ください。

電子書籍店で購入