活性酸素と老化制御

―多細胞社会の崩壊と長寿へのシナリオ―

活性酸素と老化制御
著者 大柳 善彦 著・ 井上 正康
分野 医学・薬学  > 医学・薬学・健康一般  > 健康・長寿
発売日 2001/03/10
ISBN 9784320061392
体裁 A5・204頁
定価 3,520円 (本体3,200円 + 税10%)
在庫 品切れ・重版未定
  • この本の
    内容
  • 目次
老化研究の問題点を整理しながら、重要な実験結果をもとに、老化と寿命における活性酸素の役割と論じた。綿密に調査された文献を豊富に掲載。
第1章 活性酸素と生物の老化・寿命

第2章 活性酸素とNOの代謝特性

第3章 酸化ストレスと老化の分子機構

第4章 抗酸化物による老化予防戦略

第5章 活性酸素と加齢性疾患

第6章 老化に及ぼす運動と食事の影響

第7章 レドックス制御と老化シグナル

第8章 ミトコンドリアと老化制御

第9章 NO代謝と老化

終章 個体のアポトーシスとヒトの死―高齢者の宿題―

Shopping
ご注文

3,520円
(本体3,200円 + 税10%)

ネット書店で購入