ソフトウェア工学のベストプラクティス

―ソフトウェア工学の真の工学への発展をめざして―

ソフトウェア工学のベストプラクティス
著者 Capers Jones 著・ 富野 壽 監修・ 岩尾 俊二 監修・ 水野 哲博 監訳・ 吉田 善亮 監訳
分野 情報・コンピュータ  > ソフトウェア工学
発売日 2012/07/10
ISBN 9784320097605
体裁 菊判・672頁
定価 9,570円 (本体8,700円 + 税10%)
  • この本の
    内容
  • 目次
  • 関連情報
 ソフトウェア開発の成功企業は「ベストプラクティス」と呼ばれるアプローチを採用していることが多い。本書は、主として米国の優良企業の用いているベストプラクティスについて豊富な実証的データを元に論じた貴重な書である。ベストプラクティスは、単に要求定義からプログラミングに至る開発フェーズのみならず、保守や機能拡張、さらには品質管理や測定、人材育成にまで及んでいる。ソフトウェア開発にかかわる人の必読の書である。

[原書名:Software Engineering Best Practices]
(株)構造計画研究所発行/共立出版(株)発売
第1章 ソフトウェアベストプラクティスの定義

第2章 50のソフトウェアベストプラクティスの概観

第3章 2049年頃のソフトウェア開発と保守についての予見

第4章 ソフトウェア要員はどのようにして新しいスキルを身につけるか?

第5章 ソフトウェアチームの組織と特化

第6章 プロジェクト管理とソフトウェア工学

第7章 要求定義,ビジネス分析,アーキテクチャ,エンタープライズアーキテクチャおよび設計

第8章 プログラミングとコーディング

第9章 ソフトウェア品質:ソフトウェア工学の成功の鍵

Shopping
ご注文

9,570円
(本体8,700円 + 税10%)

ネット書店で購入