アインシュタインの予言

アインシュタインの予言
著者 Barry Parker 著・ 井川 俊彦
分野 物理学  > 相対性理論
発売日 2005/09/01
ISBN 9784320034389
体裁 4-6・294頁
定価 2,530円 (本体2,300円 + 税10%)
在庫 品切れ・重版未定
  • この本の
    内容
  • 目次
アインシュタインは、的確な直感と透徹した論理によって物理学に数多くの仕事を残している。その中で検証できたもの(例えば相対論)は素晴らしい業績として輝いている。検証が不十分に終わってしまったものは、アインシュタインの死後、遺産として引き継がれ、多くの物理学者が確固たる理論にまとめ上げている。当時の常識ではおかしいと思われていたアインシュタインの仕事もあるが、それらを今ふりかえって見ると、実は正しかったのであった。いわばアインシュタインは予言をしたようなものである。本書は、アインシュタインが「予言」した現代物理学について、一般の人にもわかるよう、親しみやすいイラストや写真を交えてやさしく解説している。現代の科学者たちが何を追い求めているのかを知るための格好な本でもある。
第1章 空間は曲がっている

第2章 宇宙は膨張している(宇宙項の歴史)

第3章 ブラックホール,ワームホール,さらに不思議なこと

第4章 時の謎とタイム・トラベル

第5章 空間が起こすさざ波

第6章 重力レンズ

第7章 アインシュタインと量子力学

第8章 原子爆弾

第9章 その他のアインシュタインの功績と予言

第10章 統一場理論の夢

第11章 弦理論と超弦理論

第12章 超弦理論からM理論へ

Shopping
ご注文

2,530円
(本体2,300円 + 税10%)

ネット書店で購入