復刊 差分・微分方程式

復刊 差分・微分方程式
著者 杉山 昌平
分野 数学  > 微分方程式  > 差分方程式
シリーズ 数学  > 復刊・復刻・新装版  > 復刊
発売日 1999/09/20
ISBN 9784320016255
体裁 254頁
定価 4,620円 (本体4,200円 + 税10%)
  • この本の
    内容
  • 目次
自然現象や社会・経済現象を離散型変数として数理モデル化し、コンピュータ処理により解析するための必須手法となっている差分方程式・差分微分方程式の理論面をくまなく解説した希有な書。線形代数と微積分学をマスターした程度で読めるように努めています。本書は『共立講座 現代の数学 26.差分・微分方程式』として1971年3月に初版が発行されましたが、多くの読者からの要望を受け、単行本に改装し発行したものです。
第1章 序論

第2章 差分方程式

第3章 線形差分方程式系

第4章 n階線形差分方程式

第5章 差分方程式の安定性

第6章 離散変数の差分方程式

第7章 関数微分方程式の初期値問題

第8章 関数微分方程式の解の一意性

第9章 線形差分微分方程式

第10章 関数微分方程式の安定性

Shopping
ご注文

4,620円
(本体4,200円 + 税10%)

ネット書店で購入