初等整数論講義 第2版

初等整数論講義
著者 高木 貞治
分野 数学  > 整数論  > 初等整数論
発売日 1971/10/15
ISBN 9784320010017
体裁 434頁
定価 6,820円 (本体6,200円 + 税10%)
  • この本の
    内容
  • 目次
代数学講義の姉妹編で、初等整数論・連分数・二元二次不定方程式・二次体の整数・二次体の整数論および付録として二次体論の高等な部分にも論及し、かつ二次体のイデアルの類数の計算やディリクレの定理の函数論的証明法を平易に概説した名著。
第1章 初等整数論

第1章 附記

第2章 連分数

第3章 二元二次不定方程式

第4章 二次体Ki),K(√-3)の整数

第5章 二次体の整数論

附録

Shopping
ご注文

6,820円
(本体6,200円 + 税10%)

ネット書店で購入