合議の知を求めて

―グループの意思決定―

合議の知を求めて
著者 日本認知科学会 編・ 亀田 達也
分野 認知科学・心理学  > 認知科学
シリーズ 認知科学・心理学  > 認知科学モノグラフ 3
発売日 1997/02/05
ISBN 9784320028531
体裁 142頁
定価 3,190円 (本体2,900円 + 税10%)
  • この本の
    内容
  • 目次
集団意思決定に関する思考実験として「無私で有能な独裁者」という架空の存在を考えた場合、実際のグループの意思決定がどう評価できるか論考。
第1章 “良い独裁の可能性”:集団決定は正当化できるか

第2章 集団は過ちを犯しにくいか:グループの効率性をめぐって

第3章 皆で決めることは“民主的”か:決定の操作可能性をめぐって

第4章 決定の基礎となるものは何か:選択世界の共有可能性

第5章 グループのエンジニアリングは有効か

第6章 合議の知を求めて

Shopping
ご注文

3,190円
(本体2,900円 + 税10%)

ネット書店で購入