機械工作法I

この書籍は現在お取り扱いできません。

書籍情報
シリーズ名共立全書 【54】巻
ISBN978-4-320-00054-4
判型B6 
ページ数290ページ
発行年月1953年05月
本体価格600円
機械工作法I 書影
機械工作法I

機械工作法全般について大学生及び技術者向けに懇切に記したもので,内容を木型・鍛造・鋳造・圧延の引抜及びプレス加工・ハンダ付け及び溶接の5編に分けて,図も数多く入れて総括的に要領よく述べた最新の参考書である。

目次

第1編 木型

第2編 鋳造

第3編 鍛造及び熱処理

第4編 圧延の引抜及びプレス加工

第5編 溶接及びハンダ付ケ

関連商品

機械工作法II

  • ISBN:978-4-320-00075-9
  • 判型/ページ数:B6 / 176ページ
  • 発行年月:1953年12月
  • 本体価格:400円

II巻は旋盤作業・タテ旋盤作業・タレット旋盤及び自動盤作業・ボール盤作業・各種中グリ盤作業・平削盤作業・形削盤及びタテ削り盤作業・直線削り用バイト・ブローチ盤作業などの13章について図を豊富に収めてわ・・・

機械工作法II 書影
機械工作法II

機械工作法III

  • ISBN:978-4-320-00076-6
  • 判型/ページ数:B6 / 178ページ
  • 発行年月:1954年01月
  • 本体価格:400円

完結編として研削盤作業・研削仕上面の粗サに及ぼす諸因子・砥上げ作業・超仕上盤作業・歯切盤作業・歯車の計測法・ホプ切りによる固有の誤差・歯車のピッチング・歯車のシェーピング諸章について図説した学生・技術・・・

機械工作法III 書影
機械工作法III