赤外線吸収とラマン効果

この書籍は現在お取り扱いできません。

書籍情報
シリーズ名共立全書 【129】巻
ISBN978-4-320-00129-9
判型B6 
ページ数280ページ
発行年月1958年02月
本体価格2,000円
赤外線吸収とラマン効果 書影
赤外線吸収とラマン効果

本書はこの方面に多年の研究を費している両著者が重要な点をわかり易く記述した学生必携の書。

目次

第1章 赤外線吸収,ラマン効果とは何か

第2章 赤外線吸収とラマン効果の実験法

第3章 分子の振動とそれがスペクトルとして現れる理由

第4章 いろいろの分子のスペクトル

第5章 赤外線吸収とラマン効果の量子論

第6章 分子の対称性と選択律

第7章 基準振動の計算と分子内ポテンシャル

第8章 基本分子の振動スペクトル

第9章 回転スペクトル

第10章 振動回転スペクトル

第11章 熱力学関数