進化・系統分類学I

書籍情報
シリーズ名共立全書 【179】巻
ISBN978-4-320-00179-4
判型B6 
ページ数200ページ
発行年月1970年04月
本体価格1,700円
進化・系統分類学I 書影
進化・系統分類学I

種分化論と系統分類学の統一的理解をめざして,著者が大学にて講義した内容を骨子に論理を展開。

目次

第1章 日本の現状

第2章 進化学の原点―ラマルクの進化学説

第3章 ダーウィンの自然淘汰説

第4章 ブルナンの「ダーウィン伝」の長所・欠点

第5章 ソビエト・ダーウィニズムと新ダーウィニズムの比較

第6章 品種改良と種分化論(I)

第7章 品種改良と種分化論(II)

関連商品

進化・系統分類学II 増補版

  • ISBN:978-4-320-00180-0
  • 判型/ページ数:B6 / 228ページ
  • 発行年月:1977年11月
  • 本体価格:1,700円

種分化論と系統分類学の統一的理解をめざして,著者が大学にて講義した内容を骨子に論理を展開。

進化・系統分類学II 書影
進化・系統分類学II