岩石学 I―偏光顕微鏡と造岩鉱物― 

書籍情報
シリーズ名共立全書 【189】巻
ISBN978-4-320-00189-3
判型B6 
ページ数248ページ
発行年月1972年01月
本体価格2,600円
岩石学 I 書影
岩石学 I

本書は,偏光顕微鏡により造岩鉱物を主に観察・鑑定するための必要事項を,基礎的な点(結晶光学)から応用的な点まで詳細に記述した。

目次

第I編 結晶の光学的性質
第1章 結晶とステレオ投影

第2章 結晶光学の初歩

第II編 偏光顕微鏡
第3章 偏光顕微鏡の構成と調整

第4章 オルソスコープによる観察

第5章 コノスコープによる観察

第6章 自在回転台の使用法

第7章 屈折率の測定法

第III編 造岩鉱物の光学的性質
第8章 造岩鉱物についての一般的まえがき

第9章 テクトケイ酸塩

第10章 フィロケイ酸塩

第11章 イノケイ酸塩

第12章 ソロケイ酸塩およびサイクロケイ酸塩

第13章 ネソケイ酸塩

第14章 ケイ酸塩以外の造岩鉱物

付録

関連商品

岩石学II―岩石の性質と分類― 

  • ISBN:978-4-320-00205-0
  • 判型/ページ数:B6 / 198ページ
  • 発行年月:1975年06月
  • 本体価格:2,100円

I巻に続いて,岩石学の基礎である記載的岩石学の原理を記述し,火成岩,変成岩および堆積岩の組成,命名,分類,生成機構について詳述。

岩石学II 書影
岩石学II

岩石学 III―岩石の成因― 

  • ISBN:978-4-320-00214-2
  • 判型/ページ数:B6 / 264ページ
  • 発行年月:1977年05月
  • 本体価格:2,900円

本書は,地球の地殻,上部マントルの構成(岩石)および火成岩・変成岩の成因を最近の実験結果および天然の産状に基づいて解説した入門書。

岩石学 III 書影
岩石学 III