位相幾何学II

この書籍は現在お取り扱いできません。

書籍情報
シリーズ名共立全書 【510】巻
ISBN978-4-320-00510-5
判型B6 
ページ数264ページ
発行年月1958年04月
本体価格550円
位相幾何学II 書影
位相幾何学II

I巻の1,2部に続き本書は第3部としてBetti群をとりあげ,鎖,作用素Δ・複体のΔ―群・作用素∇と群∇r・標準基底・Δr0による群Δrと∇rの計算・Betti群の不変性・コンパクタムのΔ―群・相対論体とその応用を解説。

目次

第3部 Betti群
第7章 鎖.作用素Δ

第7章への補遺

第8章 複体のΔ―群(下Betti群) 

第9章 作用素∇と群∇r・標準基底・Δr0による群Δrと∇rの計算

第10章 Betti群の不変性

第11章 コンパクタムのΔ―群

第12章 相対論体とその応用

関連商品

位相幾何学I

  • ISBN:978-4-320-00509-9
  • 判型/ページ数:B6 / 264ページ
  • 発行年月:1957年12月
  • 本体価格:550円

本書は位相幾何学の標準的教科書として親しまれていた著者とホップフとの共著の改版ともいわれるべきもので,前者より一層平易化され系統だてられて記されている。説明は懇切丁寧で,その実例は豊富である。学生およ・・・

位相幾何学I 書影
位相幾何学I