ギリシア数学史II

こちらの書籍は旧版です。最新版は復刻版ギリシア数学史となります。

この書籍は現在お取り扱いできません。

書籍情報
シリーズ名共立全書 【521】巻
ISBN978-4-320-00521-1
判型B6 
ページ数442ページ
発行年月1960年01月
本体価格600円
ギリシア数学史II 書影
ギリシア数学史II

ギリシア数学史に登場する様々な人物の業績を中心に,数学の予備知識がなくても読めるよう叙述を展開したヒースの数学史研究の決定版。

目次

10.サモスのアリスタルコス

11.アルキメデス

12.円錐曲線 ペルゲのアポッロニオス

13.大幾何学者をうけつぐ人たち

14.三角法:ヒッパルコス,メネラオス,プトレマイオス

15.測量術:アレクサンドレイアのヘロン

16.アレクサンドレイアのパッポス

17.代数学:アレクサンドレイアのディオパントス

18.注釈者と二流の著者たち

関連商品

ギリシア数学史I

  • ISBN:978-4-320-00518-1
  • 判型/ページ数:B6 / 210ページ
  • 発行年月:1959年01月
  • 本体価格:600円

ギリシア数学史に登場する様々な人物の業績を中心に,数学の予備知識がなくても読めるよう叙述を展開したヒースの数学史研究の決定版。

ギリシア数学史I 書影
ギリシア数学史I