倫理学の道具箱

書籍情報
ISBN978-4-320-00586-0
判型A5 
ページ数288ページ
発行年月2012年01月
本体価格2,800円
倫理学の道具箱 書影
倫理学の道具箱

 倫理学の基本概念や理論を集めた術語集。現代倫理学の理論や具体例への応用,論争などを,ウィットに富んだ解説で紹介している。いかめしい専門的な事典の類とは異なり,読者の理解のしやすさが最優先にはかられているのが特徴。倫理学にはじめて触れる初学者はもとより,政治学や社会学,法学や経済学などの隣接分野の学徒,さらには倫理学に関心を寄せる一般読者にとっても便利な一冊である。前作の『哲学の道具箱』同様,各項目には参照すべき項目が付されており,事典全体がいわばネットワークのような構造になっている。このため,読者は,一つの項目の拾い読みから始まり,知らず知らずのうちに,倫理学の基礎知識を身につけられる。

目次

第1章 倫理の根拠

第2章 倫理学の枠組み

第3章 倫理学の主要概念

第4章 評価・判断・批判

第5章 倫理学の限界

関連商品

哲学の道具箱

  • ISBN:978-4-320-00573-0
  • 判型/ページ数:A5 / 244ページ
  • 発行年月:2007年02月
  • 本体価格:2,600円

 『哲学の道具箱』は、すぐれた論証を構成するには何が大切かという問題意識から編まれた,カジュアルなスタイルの哲学用語集。誰もがなんとなく使っている「偶然と必然」,「客観的と主観的」から,専門家以外には・・・

哲学の道具箱 書影
哲学の道具箱