円から楕円へ―天と地の運動理論を求めて― 

この書籍は現在お取り扱いできません。

書籍情報
ISBN978-4-320-00797-0
判型B6 
ページ数210ページ
発行年月1983年04月
本体価格1,600円
円から楕円へ 書影
円から楕円へ

英国のエイトン博士が,日本各地の大学等で行なった講義を収録したもので,17世紀科学革命の中心的な諸問題を取上げている。

目次

第一章 ガリレオと運動論

第二章 ケプラーの天文学革命

第三章 ケプラーによる楕円軌道の発見

第四章 天球と円

第五章 惑星運動の渦動理論

第六章 ニュートンと自然哲学の数学的原理

第七章 ライプニッツの自然哲学と論理的原子論

第八章 ライプニッツ,中国と二進法

付章 科学とキリスト教―その歴史的展望