• 教科書献本のご案内
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • facebook

詳解 微積分演習II

書籍情報
シリーズ名大学課程数学演習シリーズ 【3】巻
ISBN978-4-320-01029-1
判型A5 
ページ数222ページ
発行年月1963年02月
本体価格2,000円
詳解 微積分演習II 書影
詳解 微積分演習II

II巻では偏微分法とその応用・重積分とその応用・無限級数・定積分続論についての演習問題を収めその全部に懇切な詳解を付して平易にまとめた。

目次

第8章 偏微分法
§1 極限,連続
§2 偏微分係数,偏導函数
§3 全微分
§4 Jacobian
§5 合成函数の微分法
§6 陰函数の存在と微分法
§7 Taylor,Maclaurinの定理

第9章 偏微分法の応用
§1 極値
§2 平面曲面
§3 包絡線と包絡面
§4 曲面,空間曲線

第10章 重積分
§1 2重積分
§2 多重積分
§3 重積分における変数変換
§4 広義積分

第11章 重積分の応用
§1 平面積
§2 体積
§3 極面積
§4 平均値
§5 重心
§6 慣性能率

第12章 無限級数
§1 定数項級数
§2 ベキ級数
§3 一様収束
§4 Fourier級数

第13章 定積分続論
§1 助変数を含む積分
§2 Γ函数,B函数
§3 線積分,面積分