新課程微積分演習

書籍情報
ISBN978-4-320-01583-8
判型A5 
ページ数160ページ
発行年月1998年01月
本体価格1,900円
新課程微積分演習 書影
新課程微積分演習

微分積分の学習では,問,問題,演習を解くことを練習する必要がある。本書は,この練習の補助に役立つべく,各章,各節に典型的な問題を選び詳細な解答を与えている。

目次

第1章 極限
1.1 極限
1.2 不定形の極限

第2章 微分
2.1 導関数
2.2 対数微分法
2.3 媒介変数表示の微分
2.4 陰関数の微分
2.5 高次導関数
2.6 ライプニッツの公式
2.7 近似値
2.8 接線・法線
2.9 不等式の証明

第3章 微分の応用
3.1 極大・極小
3.2 条件つき極大・極小
3.3 極大・極小の応用
3.4 曲線の概形・実根の個数
3.5 変曲点・凹凸
3.6 関数の展開

第4章 不定積分
4.1 基本的な不定積分
4.2 置換積分
4.3 部分積分
4.4 有理関数の積分
4.5 無理関数の積分
4.6 三角関数の積分

第5章 定積分
5.1 定積分
5.2 異常積分・無限積分
5.3 定積分の応用

第6章 偏微分
6.1 偏導関数
6.2 高次偏導関数
6.3 偏微分の応用

第7章 2重積分
7.1 2重積分
7.2 極座標による2重積分
7.3 体積

第8章 微分方程式
8.1 変数分離形
8.2 同次形微分方程式
8.3 線形微分方程式
8.4 ベルヌーイの微分方程式