級数

書籍情報
ISBN978-4-320-01587-6
判型A5 
ページ数108ページ
発行年月1998年03月
本体価格1,700円
級数 書影
級数

大学教養課程の1年次で微分積分を一通り学んでいることを前提に,数列・連続関数の理論を厳密に展開し,級数論の部分を平易に解説。整級数展開が主な目的であるがFourier級数にも触れ,さらに補足の節では高度な事柄も扱っている。

目次

第1章 数列,連続関数
1.1 上限と下限
1.2 数列の極限の基本性質
1.3 いろいろな数列の極限
1.4 数列の収束条件
1.5 関数の極限
1.6 連続関数
1.7 補足

第2章 級数
2.1 級数の収束と基本性質
2.2 正項級数
2.3 絶対収束と収束条件
2.4 補足

第3章 関数項級数
3.1 関数列
3.2 関数項級数
3.3 整級数
3.4 関数の整級数展開
3.5 Fourier級数
3.6 補足

問題の略解とヒント
索引