復刊 差分・微分方程式

書籍情報
シリーズ名復刊・復刻・新装版 復刊 
ISBN978-4-320-01625-5
判型A5 
ページ数254ページ
発行年月1999年09月
本体価格4,200円
復刊 差分・微分方程式 書影
復刊 差分・微分方程式

自然現象や社会・経済現象を離散型変数として数理モデル化し,コンピュータ処理により解析するための必須手法となっている差分方程式・差分微分方程式の理論面をくまなく解説した希有な書。線形代数と微積分学をマスターした程度で読めるように努めています。「共立講座 現代の数学」第26巻として1971年3月に初版が発行されました。

目次

第1章 序論

第2章 差分方程式

第3章 線形差分方程式系

第4章 n階線形差分方程式

第5章 差分方程式の安定性

第6章 離散変数の差分方程式

第7章 関数微分方程式の初期値問題

第8章 関数微分方程式の解の一意性

第9章 線形差分微分方程式

第10章 関数微分方程式の安定性