新数値計算

書籍情報
シリーズ名インターネット時代の数学シリーズ 全9巻 【2】巻
ISBN978-4-320-01641-5
判型A5 
ページ数202ページ
発行年月1999年12月
本体価格2,400円
新数値計算 書影
新数値計算

 初期のパソコンと比べると,最近のパソコンの性能は速度が百倍,記憶容量 が1万倍ぐらいになり,音も画像も容易に扱え,また,強力なソフトウェア開発支援環境も整備されている。ややもすれば,「使う」側の話題に目を奪われる傾向があるが,本当の面白さは「作る」側にある。
 エレクトロニクスの分野で世界をリードした日本が,ソフトウェアの分野でも世界を リードできるようにするためには,数学,数値計算,コンピュータ・サイエンスの教育にもっと力を入れなければいけない。また,工学系の学科では,数値計算が製図や実験と同じくらい大切な技術であることを認識し,教育方法を改善すべきである。
 そのため本書は,技術系アプリケーションのための基礎講座,現在最も注目され ている目玉トピックスの特別講座,そして用語辞典の形式をとった入門講座で構成 されるガイドブックとして編纂した。

目次

Part 1 コンピュータとシミュレーション
1.1 シミュレーションとは
1.2 コンピュータの役割
1.3 コンピュータの歴史
1.4 シミュレーションからみたコンピュータの特性
1.5 シミュレーションを行うプラットホームの動向
1.6 計算誤差について
1.7 可視化

Part 2 大規模数値計算の最先端技術
2.1 はじめに
2.2 PCG法
2.3 行列の前処理
2.4 非対称行列系の反復解法
2.5 非対称行列系への前処理
2.6 不完全LU分解への並列化
2.7 PCGソフトウェア
2.8 フリーウェア
2.9 まとめ

Part 3 高速自動微分法―計算の品質保証
3.1 はじめに
3.2 高速自動微分法
3.3 誤差推定
3.4 計算の品質保証の初歩
3.5 おわりに

Part 4 数値計算ミニ辞典

索引