復刊ルべーグ積分 第2版

書籍情報
シリーズ名復刊・復刻・新装版 復刊 
ISBN978-4-320-01883-9
判型A5 
ページ数262ページ
発行年月2009年05月
本体価格3,700円
復刊ルべーグ積分 書影
復刊ルべーグ積分

ルべーグ積分の概念は解析学とその応用に関する諸分野で基本的であり,数学専攻の学生にとっては必修の常識である。本書は,教科書や参考書ないしは自習書を目指して,この理論の基礎的な部分を解説したものである。また,詳解つきの数多くの問題を載せ内容の豊富化をはかった。
『共立全書117.ルべーグ積分』として1956年10月に初版発行後,1980年に第2版を発行し半世紀にわたり多数の読者にご愛読いただいてまいりました。この度,読者からの要望を受け,より読みやすいA5版に拡大し,単行本に改装し発行するものです。

目次

微分積分学少史

第1章 集合

第2章 測度

第3章 可測関数

第4章 Lebesgue積分

第5章 不定積分の微分

第6章 一変数の関数