復刊無理数と極限

書籍情報
シリーズ名復刊・復刻・新装版 復刊 
ISBN978-4-320-01884-6
判型A5 
ページ数218ページ
発行年月2009年05月
本体価格3,500円
復刊無理数と極限 書影
復刊無理数と極限

解析学の基本概念である極限の演算が行なわれる場としての実数の体系が,有理数系をもとにしてどのように構成されるか,実数系という場で極限の理論がどのように展開されるかについて詳しく解説。
『共立全書166.無理数と極限』として1967年9月に初版発行後,長年にわたり多数の読者にご愛読いただいてまいりました。この度,読者からの要望を受け,より読みやすいA5版に拡大し,単行本に改装し発行するものです。

目次

第1章 有理数

第2章 無理数論

第3章 ベキと対数

第4章 数列の極限

第5章 数列の特殊形式

付録 超越数